中医学とアロマ ~美養憧~

Bi You Do

 

・陰陽ビューティー

アロマ

スペシャリスト

 

・ 薬剤師

6月に入りました。いよいよ本格的な梅雨のシーズンです。梅雨時期はなんとなく体が重だるかったり、食欲不振になりがちです。中医学ではこのような梅雨時期の体調不良を「湿邪」の影響をうけると考えます。

湿邪をさらに二つに分けることができ、それぞれ体に現れる不調な症状が異なります。

  • 重い湿邪

頭や身体が重い、頭がすっきりせず身体の動きが鈍くなる、といった症状が現れます。

 

水分代謝がさらに悪化して、身体のむくみが普段より強く出ることがあります。

 

  • 濁った湿邪

皮膚トラブルが多くなります。分泌物が多くなり、皮膚が不安定になります。また残尿感や排尿痛なども現れやすくなります。

 

またこの時期に精神的にストレスが続くとこのような性格になりがちです。

 

 

 

 

依存的・自己中心的・文句を言う・心配しすぎる・誤解されていると感じ、他者に対しサポートを求める。注目と理解を求める。「イイね!」が欲しい。自己犠牲を払う。あまり眠れない。

好きな色の傘を買ったりおしゃれなレインブーツを購入したりなど雨を楽しむ工夫をしましょうね


Bi You Do

更年期による悩みを感じているあなたへ
女性にとって更年期は誰もが通る道。ネガティブなイメージが強い年代ですが、美養憧は、更年期を前向きに受け入れ、症状や悩みを緩和することができる方法を提案します。
さらに更年期だけではなく、さまざまな症状・病気に悩む方々にも是非中医学に基いたメディカルアロマという方法を知っていただければと思います。漢方やアロマを用いながら、心と体の結びつき・エネルギーバランスを整えることは、健康的な毎日を過ごし、美しく歳を重ねることにつながっていきます。

2019年 5月25日 (土) 

アンチエイジングフェアinOsaka2019 スペシャルセミナー終了いたしました。短い時間でありましたが、美と健康について、美を保つには、からだの内側をいたわること。なぜならば、中医学では心の痛みは必ず体にメッセージを伝えています。だからこそ、正直に自分にむきあいありのままの自分を愛してほしいこと。お話させて頂きました。またお会いできるのを楽しみにしております。ありがとうございました。

https://www.biyou-do.com/2019/01/02/%E6%96%B0%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%81%94%E6%8C%A8%E6%8B%B6/https://www.biyou-do.com/2019/01/02/%E6%96%B0%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%81%94%E6%8C%A8%E6%8B%B6/

婦人科の御三家と呼ばれる漢方薬

23 当帰芍薬散 24 加味逍遥散 25 桂枝茯苓丸

このほかにも 女神散 香蘇散  など散のつく薬が処方されています。 それは香りが大きく働くからと言われています。女性の不定愁訴にアロマが良いと言われる所以は

このことからもわかりますね



こんな症状はありませんか。


更年期

さりげないことでいらいらする。そんな自分に嫌気がさす。

今までできていいたことができなくなる。自己嫌悪に陥ってしまう。

頭痛・肩こり

温めても緩和されない。怒りやイライラなどの感情の起伏が影響する。
体全体に疲労感。温めるとスッキリするが、すぐにコリが出る。

貧血・月経痛

毎月痛みが繰り返す。
いらいらが月経痛を増している。なかなか出血が始まらない。
下腹部痛がひどい。温めると痛みが軽減する。

やる気が出ない

手足が重だるく、食後は特に疲れる。

気合いを入れても少しの負荷で疲れてしまう。眼精疲労もひどく物忘れもある。


イライラする

喉の奥がつまったような感じ。詰まって息苦しく感じ、耳も詰まった感じがする。病院ではどこも悪くないといわれる。

不眠症

すぐに寝付くことができず、常に睡眠不足の状態。日中も頭がぼーっとすることが多く、日常生活に支障が出る。

冷え性

筋肉不足でむくみも伴う。

睡眠不足も伴い食事も不規則。



美養憧があなたのためにできること


メディカルアロマ

中医学に基づいたメディカルアロマにより、過度なストレスから解放します。

カウンセリング

あなたに合った療法を見つけ出し、中医学とアロマを取り入れ症状を緩和します。

中医学セミナー

中医学とアロマの観点からアプローチする美しい歳の重ね方を学びましょう。各地での講演も賜ります。

漢方ハーブティ

漢方の効能により身体の内面から美しくしてくれるハーブティを販売いたします。【準備中】